製品情報 真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器 Fuji ヒートP・SOLAR

産業用太陽熱利用システム / 業務用太陽熱利用システム / 真空管式ソーラーシステム / 医療法人、社会福祉法人、温浴施設、スポーツクラブなどのボイラー燃料代の削減に最適な設備です。

真空管ソーラーシステム 製品情報

 太陽熱利用システムは、主要機器として、太陽集熱器・タンク・ポンプ・制御装置などで構成されるシステムであり、太陽光エネルギーをそのまま熱エネルギー(太陽熱)として給湯や暖房の熱源として利用可能なため、他の再生可能エネルギーに比べ「エネルギーの変換効率が高い」ことが特徴です。
 太陽熱利用システムの能力を左右する太陽集熱器は、大きく「平板形」と「真空ガラス管形」の2種類に分かれており、中でも円筒形の集熱部構造が特徴である「真空ガラス管形」は、比較的効率が良く、高い温度域での熱供給が可能な太陽集熱器といわれております。
 弊社は、創業以来30年以上、「真空ガラス管形太陽集熱器」を用いた太陽熱利用システム構築に携わってきました。この長年の経験と実績をもとに、効率向上はもちろんのこと、耐久性・メンテナンス面に考慮した製品が 太陽集熱器 Fuji ヒートP・SOLAR  FSP-2100 であり、「真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器」と呼ばれております。

業務用太陽熱利用ソーラーシステム / 給湯 シャワー 源泉昇温 / 社会福祉法人 / 医療法人 / 熱エネルギーコストの削減に最適な設備 / 強制循環型太陽熱利用システム

 真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器 Fuji ヒートP・SOLAR  FSP-2100 は、給湯・暖房利用はもちろんのこと、高温での熱供給も可能なことからソーラークーリングシステム(太陽熱利用冷暖房システム)用の太陽集熱器としても採用されております。また、平成21年には「新しい可能性を秘めた太陽集熱器」として「新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞(優秀製品部門)」を受賞しました。
 本製品を用いた太陽熱利用システムの導入は、熱需要のある施設や建物において給湯ボイラーで日々消費している化石燃料使用量を削減させることで、熱エネルギーコストの削減及び温室効果ガス排出量削減に貢献することができることから、環境負荷低減に配慮した施設運営が可能な製品といえます。

太陽集熱器 特徴

 太陽エネルギーを吸収する集熱部は、16本の真空ガラス管を採用しています。このガラス管は円筒形の外管と内管を有する二重管構造となり、熱損失を防ぎ断熱効果をもたすため、外管と内管の間が真空となっています。集熱部は円筒形構造であり、 朝・昼・夕を通じて選択吸収膜により太陽光(赤外線)を効率よく吸収します。



 また、直達日射だけでなく散乱日射も拾うことができる構造なため集熱効率が高く、真空断熱効果により外気温に左右されにくいことから、晴天日のガラス管内部 空炊き時の温度は 250℃以上に達することがあります。



 熱損失を防ぐため、集熱部には真空層を有する二重ガラスを採用しました。魔法瓶のような真空断熱効果により、外気温度に左右されにくく、集熱部において太陽熱を逃がしにくい構造です。

太陽集熱器 構造

 太陽光が集熱部であるガラス管内の選択吸収膜にあたることにより、効率よく太陽エネルギー(赤外光)を集熱(吸収)します。ガラス管内に取り込まれた太陽エネルギー(太陽熱)は、ガラス管内に装着されたヒートパイプにより蒸発と凝縮の潜熱を利用して集熱器上部のヘッダー管部へ熱輸送されることで、ヘッダー管内を通る水を加熱します。よって、集熱部(ガラス管内部)には一切通水することなく、集熱運転が可能な構造にすることで、温度差が激しく過酷な状況下におかれ、水質や不凍液の劣化が原因で集熱部のガラス管内部で発生していた集熱部給水配管部トラブルの発生原因をなくしました。また、長年にわたり利用していただけるよう、集熱部をカートリッジ方式とすることでメンテナンス面にも考慮しました。
                                    [ヒートパイプとは
強制循環型太陽熱利用システム FSP-2100


 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100は、従来型集熱器の集熱部における課題を解消し、且つ、高効率集熱を可能にした太陽集熱器です。[拡大(FSP-2100 特徴・構造)

太陽熱集熱器 仕様

 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100  標準パネル 仕様 [PDF


集熱性能
 ※都合により仕様を変更することがございます。
 ※建築デザインに考慮した特別仕様太陽集熱器の製作依頼は別途お問合せください。[お問合せ




 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100 システムフロー(参考)[拡大
富士エネルギー FSP-2100 強制循環型太陽熱利用システム 参考システムフロー図

太陽熱集熱器 設置実績[写真]

 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100 設置参考写真については、設置実績 写真導入事例 をご覧ください。
                              [ 設置実績 写真 / 導入事例
業務用太陽熱利用システム / 産業用太陽熱利用システム 設置実績(写真)  / 強制循環型 業務用 太陽熱利用システム



 弊社の太陽熱利用システムは、オプションにて『太陽熱利用システムの導入によりどのくらいの燃料が削減できたか?』モニター確認できるよう ❝太陽熱利用システムの見える化❞ も可能です。
(オプション-太陽熱利用システムの見える化 参考画像-)
強制循環型業務用太陽熱利用システム / 太陽熱の見える化 / 表示装置



 また、オプションにて保守メンテ契約や遠隔監視システムの導入も承っております。
(オプション-遠隔監視システム 参考画像-)
強制循環型 業務用 太陽熱利用システム 遠隔監視

太陽熱集熱器 カタログ

 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100 カタログ

富士エネルギー製 FujiヒートP SOLAR FSP-2100 / 強制循環型 業務用 太陽熱利用システム

カタログ送付のご依頼は[お問合せ]ページよりご依頼ください。



 業務用(産業用)太陽熱利用システムの導入には、下記の補助事業が活用できる場合がございます。

 ◇ 公共団体・非営利団体(医療法人・社会福祉法人・学校法人など)
   補助率 :太陽熱利用システム補助対象経費の 1/2以内の補助
  ※政令指定都市以外の市町村:太陽熱利用システム補助対象経費の 2/3以内の補助
  (政令指定都市以外の市町村により設立された地方公共団体の組合を含む。)
 
 ◇ 離島(地方公共団体・非営利法人等・営利法人等)
   補助率 :太陽熱利用システム補助対象経費の 2/3以内の補助
  ※本土と送電線で系統連系されていないオフグリッド型の離島においての再生可能熱利用設備導入

 [詳細]公益財団法人 日本環境協会 [https://www.jeas.or.jp/activ/prom_18_02.html
   二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自律的普及促進事業)

 ◇民間事業者(企業・青色申告を行っている個人事業者)
   補助率 :太陽熱利用システム補助対象経費の 1/3以内の補助

 [詳細]一般社団法人環境共創イニシアチブ[https://sii.or.jp/re_energy29/shinsei/note.html
   地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金(再生可能エネルギー熱事業者支援事業)

 ※補助事業の詳細はお問合せ下さい。

太陽集熱器 受賞


 平成21年度に経済産業省 第14回 新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞(優秀製品部門)受賞致しました。[詳細
(※新エネ大賞・・・経済産業省 資源エネルギー庁の委託により新エネルギー財団が実施するもので、新エネルギーの導入促進と普及および啓発を図るため、新エネルギーに係る優れた商品および新エネルギーの導入又は普及啓発活動を広く募集し、そのうち優れたものを表彰。)

新エネ大賞 受賞 富士エネルギー製 太陽集熱器 / 強制循環型 業務用 太陽熱利用システム





[L2-Tech認証 事業概要]
 パリ協定を踏まえて、日本は2030年までに26%の温室効果ガス排出削減を実現するために、エネルギー起源二酸化炭素の排出が極めて少ない、大胆な低炭素技術の普及・導入を進める必要があります。環境省では、エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらすL2-Techの普及促進を進めています。これは、二酸化炭素排出削減につながる先導的低炭素技術に関する情報を整備しようというものです。また、国内外に発信して技術を導入する際の参考としていただき、大幅なエネルギー起源二酸化炭素の排出削減を推進し、低炭素社会の構築をめざそうというものです。本認証制度は、日本法人が製造または販売する製品のうち、「L2-Tech水準」を満たすものについて、本制度が設置する審査・認証検討委員会の審査結果に基づき、環境省が認証するものです。

※ L2-Tech(エルツ―テック)とは
 先導的(Leading)な低炭素技術(Low-carbon Technology)を指す。低炭素に資する設備・機器等の中でも、CO2削減効果に優れた設備・機器等及びそのうちの最高性能の製品の総称。


[2016年度冬版 L2-Tech認証]

真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器  FSP-2100
[詳細]環境省 http://www.env.go.jp/press/103767.html

[環境省] 2016年度冬版L2-Tech認証製品一覧(親型番選択表示) [PDF 1.2 MB]
認証製品に関しましては、(部門:家庭)39ページ目をご参照ください。

[2016年度夏版 L2-Tech認証]

真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器  FSP-2100 
      [詳細]環境省 http://www.env.go.jp/press/103071.html

[環境省] 2016年度夏版L2-Tech 認証製品一覧(親型番選択表示) [PDF 1.4 MB]
(認証製品に関しましては、(部門:家庭)56ページ目をご参照ください。)

L2-Tech情報プラットフォーム内のL2-Tech認証製品一覧検索 [
http://l2-tech.force.com/L2T_ProductSearch]にて団体名に「富士エネルギー」または、型番 で「FSP-2100」とご入力いただき検索ください。

太陽熱利用 掲載記事

 掲載記事詳細については [ 新着情報 / 紹介記事 ]をご確認ください。

富士エネルギー 掲載記事

富士エネルギー製 強制循環型 業務用太陽集熱器 掲載記事



エネルギー調査票[PDF
業務用太陽熱利用システムのシミュレーション依頼は必要事項をこちらにご記入の上、FAX又はメールで送信ください。

 弊社 業務用(産業用)太陽熱利用システムのご検討の際は、エネルギー調査票[PDF]へ必要事項をご記入の上、メール[fuji@fujiene.com]又はFAX[099-222-3244]いただけますと簡易シミュレーションを作成させていただきます。お気軽にお問合せください。



 私たちが生活していく上でなくてはならないエネルギー。そんなエネルギーの大半を石油や天然ガスなどの化石燃料にたよっています。しかし、そのような燃料を使用するとCO2やNOx、SOxなどの温室効果ガスが発生し、地球環境悪化につながります。そこで注目されているのが太陽エネルギーを熱エネルギーとして利用した太陽熱利用システム。太陽エネルギーでお湯を沸かす太陽熱利用給湯システムは、現在給湯などで消費している灯油やガスなどの化石燃料消費量を大幅に削減することができるため、クリーンなエネルギーであり、地球環境を悪化させることがありません。富士エネルギーは、かけがえのない地球を守っていくためにも、「自然にやさしく」を合言葉に日々製品開発に取り組みます。